代表プロフィール

代表取締役 大石裕一

略歴
1975年生まれ。大阪府立大学工学部数理工学科を卒業し、株式会社ピクセラに就職。その後、ネットワンシステムズ株式会社カノープス株式会社などを転々とする。業務を通しWin/Mac/Linux/組み込みの開発やネットワーク設計/構築/運営、マネジメントや組織運営を経験。

プライベートで元同僚と国産初のMacOSX用3ペイン型RSSリーダー「Ensemble」を開発する他、独学でウェブシステム開発を3年に渡って続け、株式会社フィードテイラーを設立。代表取締役に就任。

2008年秋よりiPhoneアプリ開発に事業特化。iOSアプリ開発ベンダーとして関西圏で一定の認知度を得る。

2010年夏以降はB2Bビジネスの取り組みを強化。2011年2月3日にiPad/iPhone向けのセキュアなドキュメント共有ソリューション「SyncBoard for Enterprise」を発表(住友セメントシステム開発株式会社、株式会社スマートスタイル、株式会社インターネットイニシアティブとの共同事業) 後に「SYNCNEL for Enterprise」と名称を変えて、大和ハウス工業に4000台ライセンス導入する等、多数の実績を残す。

SYNCNELを2016年2月に富士ソフト株式会社(東証一部:9749)に事業売却。時を同じくして、開発部門を解散。2016年よりコンサルティング業・iOSデバイス業務活用支援に専念。

哲学
本当に作りたいと思うモノは自らの手でしか作り得ないとする『情熱は代行できない』という考え方が根底にある。従って経営権を持つ自社株式を第三者に譲る考えはなく、徹底的に内製にこだわる経営哲学を持つ。(全株式を代表のみが保有)

難題に直面した時の行動指針は「やるか、やらないか」ではなく「やるか、出来るか」であり、世の中に出来ない事は何一つ無く、『出来ない』とはやってこなかった弁解またはやろうとしない言い訳であると考えている。(これを根拠に生まれた3つの禁忌についてこちら)

伝統や風習・慣習を理由に新しいモノや変化を受け入れない姿勢を最も嫌う。

好み
趣味は、ビジネスの構築、読書、ワイン。好きなモノは万年筆。好きな本は「企業とは何か」(ピーター・ドラッカー)。その他、歴史、人口学、労働の在り方に興味がある。死生観については独自の見解を持つ。