the static web hosting for all CMS Sites
esparとは

Webサイトの 高速化堅牢化常時SSL化 を同時に実現するサービスです。

弊社独自の「静的化」技術により、Webサイトの表示スピードを理論上最高速に、セキュリティを理論上最高レベルに引き上げるクラウド型サービスです。しかも既存のCMSをそのまま使うことができ、サーバの引っ越し等も不要です。(詳しい仕組みはこちら)

CMSサイトを構築・運用していると、以下のような悩みを抱えるのが常です。

product_espar_3

esparは、CMSを静的化することによってこれらの課題解決を図る静的化ホスティングサービスです。

product_espar_3

CMSに依存するプラグインや拡張キットの形式ではなく、外部から静的化して同時にホスティングも行う仕組みですので、CMSの種類に関係なく導入が可能です。必要なのは、

  • DNSの設定変更
  • CMSの設定変更

の2点と、問合せフォーム等の動的要素の調整だけです。

product_espar_3

既存のCMSはそのまま利用可能。CMSの機能拡張や引越しも不要です。

導入後は、静的化したファイルを元にesparの静的ホスティング環境が全てのアクセスに応答しますので、CMSは第三者のアクセスを全て拒否しても構わなくなります。(更新分は都度静的化して反映)

esparを導入したサイトでは、悪意の有無に応じた理想の応答を実現できるようになります。

悪意のない閲覧者 静的ファイルで高速に応答する。
悪意のある攻撃者 攻撃を無効化する。攻撃を受け付けない。
(論理的にほぼ全てのhttp/https層の攻撃を無効化できます。詳細はこちら)

(CDN・リバースプロキシ・WAFなどの既製品とどう異なるかはこちらをご覧下さい)

esparのコンセプト

脆弱性被害の本質は、

『悪意のある第三者により、サーバ側のプログラムを意図しない形で動作させられること』

にあります。

であるならば、プログラム(やフレームワーク)を全て無くしてもサイトとして機能する環境を構築すれば良い。これがesparのコンセプトであり、静的化技術こそがそれを可能にすると考えました。

そのためesparでは、

  • 品質高くサイトを静的化すること
  • 静的化したファイルを適切にホスティングすること
  • 問合せフォームなどの動的要素も静的に実現できること

を徹底して追求することを開発方針としています。

セキュリティリスクと静的化率は反比例の関係

また、最初からサイトの全ページを静的化するのではなく、部分的に静的化していくことも可能な作りになっています。(詳しくは機能紹介ページの「プロキシ機能」をご覧下さい)

関連資料
  • esparのリーフレットをこちら(PDF)からダウロードして頂くことができます。
  • esparの紹介パンフレットをこちら(PDF)からダウロードして頂くことができます。